PTA規約

 

<第1章 名称と事務所>

第1条 この会は,並木小学校PTAと称し,事務所を並木小学校(以下「並木小」という。)に置く。

 

<第2章 目的>

第2条 この会は,並木小に在籍する児童の保護者(以下「保護者」という。)と並木小教職員が協力して,家庭,並木小及び地域社会における児童の幸福な成長を図ることを目的とする。

 

<第3章 方針と活動>

第3条 この会は,教育を本旨とする民主団体として,次の方針を定める。

(1)第2条に定める目的を達成するため,家庭と並木小の意志の疎通を積極的に図り,並木小及び関係機関に意見の具申や参考資料の提供を行う。ただし,並木小の人事及び運営に直接干渉しない。

(2)児童の教育及び福祉のために活動する他の団体及び機関と協力する。

(3)特定の政党や宗教にかたよる行為は行わない。

(4)もっぱら営利を目的とするような行為は行わない。

(5)この会又はこの会の委員の名で公私の選挙の候補者を推薦しない。

(6)この会は自立独自のものであって他の団体の支配,統制及び干渉を受けない。

第4条 この会は,前条の方針に基づいて,地区のPTA連絡協議会に加盟する。

第5条 この会は,第2条に定める目的を達成するため,第3条の方針に基づいて次の活動を行う。

(1)家庭,並木小及び地域社会の相互の緊密な連絡によって,児童の生活環境を改善する。

(2)並木小の教育環境の整備を図る。

(3)関係機関と連携する。

(4)その他,必要な活動を行う。

 

<第4章 会員>

第6条 この会の会員となる資格を有する者は,次の通りである。

(1)並木小に在籍する児童の保護者。

(2)並木小の教職員。

2この会の入退会に関する基本事項は細則で定める。

第7条 会員は,任意参加の合意の下にこの会を協議運営するものとする。

2 会員は,すべて平等の義務と権利を有する。

第8条 会員は,会費を納めるものとする。

2 会費の納入は家庭単位とし,額は付則で定める。

3 会費の納入が困難な会員は,運営委員会の承認を得て,その免除を受けることができる。

 

<第5章 総会>

第9条 この会に総会を置く。

2 総会は,この会の最高議決機関であり,全会員により構成される。

第10条 定期の総会は毎年4月に開催し,次の事項を決議する。

(1)前年度の活動報告,決算及び会計監査報告

(2)新年度の活動計画及び予算

(3)本部役員及び監査委員の選任

(4)規約の改正その他の事項

2 臨時の総会は,運営委員会が必要と認めたとき又は会員の10分の1以上の要求があったときに開催する。

第11条 総会は,会員の2分の1以上の出席がなければ,議事を開き議決することができない。ただし,あらかじめ委任状を提出した会員は出席したものとみなす。

2 総会の出席会員数及び票数は家庭ごとに計数する。

3 総会の議事は,この規約の改正に関することを除き出席者の過半数で決する。

 

<第6章 委員会>

第12条 この会に次の委員会を置く。

(1)学年委員会

(2)専門委員会

(3)選考委員会

(4)卒業記念事業委員会

2 各委員会に委員の互選により委員長を置く。

3 各委員会の組織は細則で定める。

第13条 学年委員会は学年ごとの各学年委員会からなる。

2 各学年委員会は次の活動を行う。

(1)学年内の児童の福祉の向上を図る。

(2)学年内の児童の健康の増進を図る。

(3)学年内の児童の保護者の連絡調整を図る。

第14条 専門委員会は次の委員会からなる。

(1)広報委員会

(2)文化委員会

(3)校外生活委員会

2 各専門委員会は次の活動を行う。

(1)広報委員会は,広報紙の発行などにより会員,地域社会及び関係機関に対して情報を伝達し,意見の交換を促進する。

(2)文化委員会は,会員のための文化啓発活動及び家庭教育の充実を図るための活動を企画し,運営する。

(3)校外生活委員会は,地域社会との協力関係を保ち,児童の学校外での安全確保及び児童の生活環境の改善を図る。

第15条 選考委員会は次の活動を行う。

(1)原則として毎年2月末までに,次年度の本部役員及び監査委員の候補者を選出し,定期の総会に提案する。

(2)次年度の各委員会の候補者の選出に協力する。

2 選考委員会の委員長又はその代理は,必要に応じて運営委員会に出席し,意見を述べることができる。

第16条 卒業記念事業委員会は,卒業を記念するための事業を企画し,運営する。

2 卒業記念事業委員会の委員長又はその代理は,必要に応じて運営委員会に出席し,意見を述べることができる。

第17条 この会に臨時委員会を置くことができる。

2 臨時委員会の委員長又はその代理は,必要に応じて運営委員会に出席し,意見を述べることができる。

3 臨時委員会についての必要な事項は,細則で定める。

 

<第7章 ボランティアグループ>

第18条 この会に会員の発意に基づくボランティアグループを置くことができる。

2 各ボランティアグループに会員の代表者1名を置く。

3 ボランティアグループの代表者又はその代理は,必要に応じて運営委員会に出席し,意見を述べることができる。

4 ボランティアグループの活動に必要な事項は,細則に定める。

 

<第8章 役職>

第19条 この会に本部役員を置く

2 本部役員は,共同代表4名,書記3名及び会計3名からなる。

3 本部役員は,この会の総務をつかさどる。

4 本部役員は,選考委員会が会員の中から選出し,総会の承認により任命される。

5 書記及び会計のうち,各1名は並木小教職員の会員より選出する。

第20条 共同代表は次の職務を行う。

(1)この会の運営を統括する。

(2)総会及び運営委員会を招集し,運営委員会においては,議長となる。

(3)この会に置かれる機関及び会員,並びに会員間の意思の疎通を図る。

(4)この会を代表し,この会と同じ目的を持つ関係機関と連絡し意志の疎通を図る。

(5)この会が主催又は関与する重要な行事を運営する。

2 共同代表は前項の職務を分担して行う。

3 共同代表は,監査委員の集会を除く全ての委員会及びボランティアグループの会合に出席して,意見を述べることができる。

第21条 書記は次の職務を行う。

(1)総会及び運営委員会の議事,並びにこの会の活動に関する重要事項を記録する。

(2)記録,通信その他の書類を保管する。

(3)この会の庶務を行う。

第22条 会計は次の職務を行う。

(1)予算の立案を総括する。

(2)総会が決議した予算に基づいて,会計の事務を処理する。

(3)総会において,監査を経た決算を報告する。

(4)この会の財産を管理する。

第23条 この会に顧問を置く。

2 顧問は,原則として並木小の校長並びに共同代表及びそれに相当する職を経験した会員3名以内からなる。

3 顧問は,この会の運営に必要な助言を与える。

 

<第9章 役員>

第24条 この会の役員は,次に定める役職からなる。

(1)本部役員

(2)各学年委員会の委員長

(3)各専門委員会の委員長

2 運営委員会の決議により,次の役職に就く者の全部または一部を役員に定めることができる。

(1)顧問

(2)選考委員会の委員長

(3)卒業記念事業委員会の委員長

(4)臨時委員会の委員長

(5)総会が特に必要と認めて任命した者

第25条 役員は,原則として他の役職を兼ねることができない。ただし,役員が定員に満たない場合その他の事情がある場合はその限りではない。

2 役員は,監査委員を兼ねることができない。

第26条 役員の任期は1年とする。ただし,欠員を補充した後任者の任期は,前任者の残任期間とする。

2 役員は,任期終了後も次期役員が就任するまでは,その職務を代行する。

3 役員は,再任することができる。ただし,並木小教職員以外の役員は4年を越えて同一の職に就くこと及び役員の任に就くことができない。

 

<第10章 運営委員会>

第27条 この会に運営委員会を置く。

2 運営委員会は,第24条で定める役員を構成員とする。

3 共同代表のうち1名を運営委員会の議長とする。

第28条 運営委員会は定期的に開催する。

2 前項のほか、運営委員会は,構成員の4分の1以上の要求があったときに開催することができる。

第29条 運営委員会の任務は,次の通りである。

(1)各委員会の,連絡と調整を行う。

(2)会員と並木小との,連絡の窓口の一つとなる。

(3)ボランティアグループの登録,連絡及び調整を行う。

(4)総会に提出する議案をつくり,また総会から委任された事項を処理する。

(5)予備費の支出,予算外の収入の受け入れを決定する。

(6)本部役員に欠員が生じた場合の処理にあたる。

(7)PTA連絡協議会等の会合に,参加者を派遣する。

(8)次年度の役員等を選出するための選考委員会を招集する。

(9)次年度の事業計画案及び予算案を作成し,定期の総会に提案する。

(10)その他,この会の運営のために必要な事項を処理する。

2 運営委員会は,この会に関する重要な事項について,総会に諮り承認を得なければならない。

第30条 運営委員会の定足数は,構成員の3分の2以上とする。

2 運営委員会の議事は,出席者の過半数で決する。

 

<第11章 監査委員>

第31条 この会の経理を監査するために監査委員を置く。

2 監査委員は,原則として前年度の本部役員2名からなる。

3 監査委員は,選考委員会で選出し,定期の総会の承認を受けて任命される。

4 監査委員の任期は一年とし再任はできない。ただし,欠員を補充した場合,任期は前任者の残任期間とする。

5 監査委員は,運営委員会に出席し,意見を述べることができる。ただし,議決には参加しない。

 

<第12章 経理>

第32条 この会の会計及び事業年度は,毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

第33条 この会の経理は,会費,事業収益,寄付金およびその他の収入をもってこれにあてる。

第34条 この会の経理は,総会において決議された予算に基づいて行う。ただし,卒業記念事業委員会の事業,文化委員会が行う会員及び地域を対象とする教育事業,ならびに運営委員会が特に必要と認めた事業は,運営委員会で承認された予算に基づいて,独立に行うことができる。

第35条 この会の決算は,監査委員による監査を経て総会に報告され,承認を得なければならない。

 

<第13章 細則>

第36条 この会の運営に関し必要な細則は,この規約に反しない限りにおいて,運営委員会の議決を経て定める。

2 運営委員会は,細則を制定し,または改廃した場合には,速やかに文書でその内容を会員に通知し,また次期の総会で承認を得なければならない。

 

<第14章 改正>

第37条 この規約は付則を含め,総会において出席者の3分の2以上の賛成により改正することができる。ただし,改正案は総会の少なくとも一週間前に全会員に知らせなければならない。

 

<付 則>

第1条 この会の会費は,一家庭月額320円とする。

【付記】

1.本会則は,昭和53年7月18日から実施する。

2.本会則は,昭和54年5月18日 一部改正(25条;校外補導部新設)

3.本会則は,昭和57年4月24日 一部改正(25条;保健体育部廃止,顧問(校長)の明記)

4.本会則は,昭和60年4月27日 一部改正(25条;校外生活部に名称変更)

5.本会則は,昭和62年4月25日 一部改正(16条;副会長3→2名に変更。ただし,必要時には3名にすることができる。)

6.本会則は,昭和63年4月23日 一部改正(全面的整備;総会,運営委員会,専門委員会の役割分担の明確化,P連参加の明文化,卒業記念事業委員会のPTA委員化,会計監査→事業・会計監査化,等)

7.本会則は,平成4年2月8日 一部改正(専門委員会の委員数の変更;広報委員会 学級1名→2名,文化委員会 学級1名→学年2名,選考委員会 2-5年各学級1名→2-5年各学年2名,卒業記念事業委員会 6年各学級3名→6年各学級2名)

8.本会則は,平成4年4月24日 一部改正(校外生活委員会の委員数とブロック分け;校外生活委員 各ブロック2-1名,ブロック分けは,児童数と地域の状況を考慮し,運営委員会で決定する。)

9.本会則は,平成8年4月20日 一部改正(文化委員会の活動の変更;家庭教育学級の企画運営を削除)

10.本会則は,平成10年4月18日 一部改正(運営委員会の構成員 各専門委員会の委員長→各委員会の委員長;卒業記念事業委員会 6年各学級2名→6年各学級2名以上)

11.本会則は,平成11年4月18日 一部改正(運営委員会の構成員 母親委員の追加;組織図の改訂:卒業記念事業委員会6年各学級2名以上→6年各学級2名以上もしくは6年次より6名以上)

12.本会則は,平成13年4月21日 一部改正(会費一家庭月額250円→300円)

13.本会則は,平成13年4月21日 一部改正(学年委員,専門委員,選考委員の人数を細則で定めることにした。)

14.本会則は,平成14年4月19日 一部改正(母親委員に関する条項の削除)

15.本会則は,平成15年4月18日 一部改正(18条;協力会員の位置付けの明文化)

16.本会則は,平成17年4月22日 一部改正(22条;役員再任緩和の件,30条,32条;監査委員補欠を選出しない件)

17.本会則は,平成18年4月21日 一部改正(会費一家庭月額300円→350円)

18.本会則は,平成23年4月25日 一部改正(30条;監査の役割を経理に限定,人数1名→2名,会費一家庭月額350円→320円)

19.本会則は,平成25年4月19日 一部改正(全面的整備;運営機関,役員および役職の定義,運営委員会の構成員の位置付けの定義,選考委員会の役割追記,語句の適正化等)

20.本会則は,平成29年4月28日 一部改正(名称更新:つくば市立桜並木学園並木小学校PTA規約。旧第7条を第7条2とし,第7条1に“任意参加”を記載。第27条副会長を2->3名へ。)

21.本会則は,平成30年4月27日 一部改正(共同代表の導入,顧問の対象者の拡大,役員兼任の柔軟化,役員の任期上限の延長,専門委員会顧問,協力会員及び相談役の廃止,ボランティアグループの導入,語句の適正化等)

 

細 則

<第1章 委員会>

第1条 各学年委員会は,原則として各学級より2名ずつ選出された学級代表委員と学級担任によって組織する。

第2条 各専門委員会及び専門委員は,次の人数で組織する。

(1)広報委員会は,各学年1名,全体として6名程度選出された委員によって組織する。

(2)文化委員会は,各学年1名,全体として6名程度選出された委員によって組織する。

(3)校外生活委員会は,各学年1名,全体として6名程度選出された委員によって組織する。

第3条 選考委員会は,原則として6年を除く各学年より1ないし2名,全体として6名程度選出された委員によって組織する。

第4条 卒業記念事業委員会は,6年生の保護者会員によって組織する。

第5条 臨時委員会は,必要に応じて設置し,その名称・任務・委員等はその都度定める。

第6条 臨時委員会は,その任務を終了したときに解散する。

 

<第2章 会員の入退会>

第7条 本規約第6条に定める会員となる資格を有するものは自由意思で入退会できる。

第8条 会員の加入期間は年度毎の1年間(4月~翌年3月)を単位とする。ただし,転入,転出その他の事情が生じた場合はその限りではない。

第9条 入会については次の手続きによる。

(1)新入生又は転入生の保護者は,別に定める入会辞退届を提出する場合を除き,児童の入学又は転入をもって入会とする。

(2)会員でない在校生の保護者は、前年度の入退会手続期間において、別に定める入会届の提出をもって入会とする。

第10条 退会については次の手続きによる。

(1)在校生の保護者は,前年度の入退会手続期間において、別に定める退会届の提出をもって退会とする。

(2)卒業生又は転出生の保護者については,児童の卒業又は転出をもって退会とする。

第11条 児童の進級時に、入会は自動的に継続する。

第12条 入退会の手続きの取り扱いについては運営委員会で別途定める。

 

<第3章 ボランティアグループ>

第13条 ボランティアグループの構成員は原則として本会の会員に限る。ただし,当該ボランティアグループ活動の範囲に限り,当該ボランティアグループ代表者の責任において,会員でない者を構成員とすることができる。

第14条 ボランティアグループは前年度2月に運営委員会に登録を届け出て承認を得ることとする。

第15条 ボランティアグループの活動報告及び決算並びに活動計画及び予算は定期の総会の承認を得ることとする。

 

<第4章 付則>

この細則は,平成13年4月21日から施行する。

この細則は,平成14年4月19日 一部改正(母親委員に関する条項の削除)

この細則は,平成17年4月22日 一部改正(広報委員会,文化委員会委員数の変更)

この細則は,平成19年4月20日 一部改正(広報委員会,文化委員会,校外生活委員会,選考委員会委員数の変更)

この細則は,平成25年4月19日 一部改正(第1章の章名変更,監査委員の委員数の記述の追加)

この細則は,平成30年4月27日 一部改正(第2章(会員の入退会),第3章(ボランティアグループ)の追加)

 

申し合わせ

平成29年5月13日  準PTA規約細則に関する申し合わせ事項(Wordファイル)

平成29年5月19日 準PTA規約細則に関する申し合わせ事項(入退会届様式含む)(Wordファイル)

 

平成29年度追加規定

平成29年11月17日  PTA規約細則(入退会に関する事項)(Wordファイル)

平成29年11月17日  準PTA規約細則に関する申し合わせ(入退会に関する事項)(Wordファイル)