ホーム » 各委員会・ボランティアGr紹介 » 05 校外生活委員会

05 校外生活委員会

校外生活面委員会の活動について紹介します。 

体制は各学年1~2名 全体として6~8名程度(1~6 年生)。 

学校・地域・保護者の皆様の協力のもと,次のような子どもの安全を見守る体制を整える仕事をしています。 

・安全パトロールへの協力依頼 

・子どもを守る 110 番の家の募集 

・委員会だよりの発行(年 3 回程度) 

・通学路を中心に危険箇所を把握し,表示したマップの作成 

・市や警察に危険箇所の改善を求める要望書の作成・提出 

などが主な仕事です。 

平日昼間に学校で作業を行うこともありますが,仕事を分担すれば,働いている方でも参加できる委員会です。  

 

2018年度の活動 

活動項目 活動内容
3 新旧役員引継ぎ 役割分担,担当ごとの引継ぎ
4 年間活動内容の確認
「見守り腕章」
「パトロールプレート」
「安全パトロール」
危険箇所マップ
並木交番訪問
三校連絡協議会引継ぎ

文書作成,配布    


危険箇所確認,マップ作成,配布
挨拶,近況確認
並木中,桜南小,並木小の担当者での引継ぎ
5安全パトロール 開始
6 通学路改善要望書
校外便りNo.1
三校連絡協議会
検討,作成
作成,配布
要望書の発表,110番の家の文書確認
7 防犯プレート
並木夏祭り
補修,設置
巡視
9安全パトロール 再開
10校外便りNo.2 作成,配布
11持久走記録会 コース立哨
1 安全パトロール
「こどもを守る110番の家」
再開
文書配布,協力依頼
2「こどもを守る110番の家」 協力者お礼,名簿作成 作成,配布
3校外便りNo.3 次年度へ引継ぎ 新委員役割分担および引継ぎ

2018年度メンバーの感想 ・反省 

一年間,皆様の安全パトロール等へのご協力を頂きまして,誠にありがとうございました。

 校外ノート等にお寄せいただいたご意見をもとに,通学路内の危険箇所を把握し,危険箇所マップの作成や防犯プレートの設置,三校連絡協議会へ提出する要望書を作成することが出来ました。

 校外生活委員としての活動を通して,先生方や保護者の皆様,そして地域の皆様というたくさんの方々のご協力と見守りがあって子供たちの安全が守られているのだと,改めて感じることができました。微力ながらも子供たちの安全のために活動ができたことを嬉しく思います。一年間ありがとうございました。

2018年度メンバーから次年度メンバーに伝えたいこと

 並木小学校区内は,官舎廃止や宅地造成などに伴い危険箇所が日々変化しています。

 すべての児童が安心安全に登下校できるように,引き続き皆様のご協力を賜りますようよろしくお願い致します。