ホーム » 5.ボランティア » ①読み聞かせボランティア » #2001211).読み聞かせ 昼読み3・4年生向け テーマ「冬・節分」

#2001211).読み聞かせ 昼読み3・4年生向け テーマ「冬・節分」

1月21日火曜日に今年度第7回目の昼読み(3・4年生向け)を行いました。

今回のテーマにちなみ,鬼がでてくるおはなしの紙芝居と読み聞かせをしてくださいました。

 1つめは,紙芝居「おにとふくのかみ」(復刊紙芝居 冬もぽかぽか行事とおはなし 脚本:千田一彦 絵:福田庄助 童心社)です。悪さばかりする鬼を村のこどもたちが,冬山の福の神にやっつけてもらうよう頼みに行くと,みんなで知恵を出し合い,力を一つにするよう言われ,豆を使って鬼をやっつけるおはなしです。とても優しいタッチのほのぼのとした絵が印象的な紙芝居でした。子供たちも楽しんで聞いてくれていました。

2つめは,絵本「鬼ぞろぞろ」(船崎克彦:文 赤羽末吉:絵 偕成社)です。古典の今昔物語をベースに書かれている,1000年前の京都の鬼が出てくるおはなしです。不思議なおはなしがどんどん展開していき,着物の図柄など,とても美しい絵と色彩で描かれている絵本の世界に,子どもたちは,どきどきしながら,すーっと引き込まれていっていました。私も子どもたちと一緒に聞いていて,子ども向け絵本では味わったことのないような感覚と巡り合える気がし,大人の方にもぜひ読んでいただきたいと思いました。

次回の昼読みは,2月18日火曜日3・4年生向けです。楽しみにしていてください。

 

 

 

 

読み聞かせリスト 令和2年(2020年)1月