ホーム » 5.ボランティア » ①読み聞かせボランティア » #1912171).読み聞かせ 昼読み1・2年生向け テーマ「クリスマス」

#1912171).読み聞かせ 昼読み1・2年生向け テーマ「クリスマス」

12月17日火曜日に今年度第6回目の昼読み(1・2年生向け ロング昼休み)を行いました。

なんと,サンタクロースが並木小学校に読み聞かせにやってきてくれました!子供達はサンタクロースが来てくれていることは知りません。

読み聞かせボランティアの方と6年生の娘さんが冬のお洋服を作ってくださった‘ぐりとぐら’のお供で,サンタクロースが子どもたちの給食の時間に昼読み宣伝のため各教室を回ってくれました。鈴の音とともに教室に入ると,子供達は「わー,サンタクロースだ!」と言って,どの教室でも歓声が響き,サンタクロースへの質問が飛び交います。

お昼休みが始まると,サンタクロースの宣伝のおかげで,大勢の子どもたちがクリスマスツリーやリースの飾りつけなどがされた会議室に集まってきてくれました。いよいよ子どもたちが待ちに待ったクリスマス昼読みが始まります。

まずはじめは,絵本「100にんのサンタクロース」(作・絵:谷口智則 文溪堂)の読み聞かせです。100人のサンタクロースは,クリスマスにプレゼントを配るために,一年にわたり色々な準備や練習をしています。子どもたちと一緒にサンタクロースが本当に100人いるか数えましたが,一人足りません。みんなでおかしいなあと言っていると,足りない一人は寝坊してしまいまだベッドで寝ていたサンタクロースで,子どもたちも笑っていました。

二つめは,紙芝居「マッチうりのしょうじょ」(原作:アンデルセン 脚本:川崎大治 製作:童心社)です。やわらかいタッチの絵の紙芝居で,海外のクリスマスの雰囲気がよく描かれています。優しい語り口の読み手の方のお話を真剣に聞いていました。女の子がおばあさんと一緒に天国へ昇る場面では小さなため息をついているお子さんもいて,子どもたちにお話の内容が伝わったのだなと思いました。

三つめは,ビッグブック「ぐりとぐらのおきゃくさま」(作・絵:なかがわりえこ/やまわきゆりこ 福音館書店)の読み聞かせです。子どもたちもサンタクロースが作ったおいしそうなカステラやごちそうの絵を見て,うらやましそうにしていました。並木小学校の子どもたちも,クリスマス当日はご家族による,ぐりとぐらのクリスマスのような素敵なパーティーをしてもらったのではないでしょうか。

読み聞かせが終わると,サンタクロースから昼読み特別クリスマスプレゼントがありました。小さなおほしさまが袋いっぱいに詰まっています。子どもたちは,順番に一つずつおほしさまをもらって満足そうに教室へ帰っていってくれました。先生方へもプレゼントされ,図書室の白いクリスマスツリーにもカラフルな小さなおほしさまが飾られました。

ここ数年,サンタクロースがクリスマス昼読みに並木小学校へ来てくれます。きっと,並木小学校の子どもたちが良い子にしているのをどこかで見てくれているのでしょう。来年もサンタクロースが来てくれたら良いですね。

次回の昼読みは,1月21日火曜日3・4年生向けです。楽しみにしていてください。

 

読み聞かせリスト 令和元年(2019年)12月