ホーム » 5.ボランティア » ①読み聞かせボランティア » #1911201).読み聞かせ 昼読み1・2年生向け テーマ「紙芝居」

#1911201).読み聞かせ 昼読み1・2年生向け テーマ「紙芝居」

11月20日水曜日に今年度5回目の昼読み(1・2年生向け)を行いました。

近寄ってよく見ると分かりますが,発砲スチロール製で,在校生のおじい様とおばあ様が作ってくださった素敵な紙芝居用の枠を使ってくださいました。紙芝居は図書館で借り,本格的な紙芝居の回となりました。 

他の読み聞かせメンバーが持っている拍子木をお借りし,拍子木の音でいよいよ紙芝居が始まります。

1つめの紙芝居は,ベトナムのお話で『たいせつなうちわ』です。ベトナムらしい鮮やかな色遣いの独特な絵に思わず惹きつけられます。日本にはない‘びんろうじゅ’という‘やし科の常緑高木’でできたうちわをお母様に作ってもらった貧しい男の子が,お金持ちにうちわを様々な高価なものと交換を申し込まれますが,うちわを譲りたくなりません。しかし,‘あかごはん(ヤックという植物の種からできたお祝いの時に食べるもの)’となら元気が出るから取り替える気持ちになってしまうというお話です。好きな食べ物との交換だと乗り気になってしまった男の子に,みんな思わず微笑みました。

2つめの紙芝居は,日本の民話の『たべられたやまんば』です。ちょっと怖いですが,お話の展開に「えー!」と反応してくれたり,ところどころ笑いが起こる場面もありました。長いお話ですが,怖いもの見たさなのか集中して聞いてくれました。

 3つめの紙芝居は,『みんなのいのちをまもる! 交通安全紙芝居 ダンプのゲンさん』です。動物たちとダンプカーの運転手のゲンさんが,一緒に交通安全について学びます。動物たちの絵がかわいらしく,子どもたちも喜んで見てくれていました。夜に外を歩くときには光るものをつけて運転手さんによく分かるようにすることなど,交通安全について楽しく理解することができました。

4つめの紙芝居は,『へんてこおじさん』です。手品をするおじさんが帽子の中からいろいろなものを出してくれるお話です。帽子から想像つかないものが出てくる度に,子どもたちから歓声が上がっていました。最後はおじさんが帽子の中に吸い込まれてしまうのですが,「宇宙人だったのかな?」と言っている男の子もいました。とても反応よく聞いてくれました。

読み手の方が上手に読まれておられお話に引き込まれていき,途中で退席もなく,だんだん前に近寄って机すれすれにまで来ているお子さんもいました。本格的な紙芝居を普段は体験することはなかったと思いますので,子どもたちにとって貴重な楽しい時間となりました。 12月の昼読みは,12月17日(火)1・2年生向け内容の読み聞かせになります。テーマは‘クリスマス’です。どの学年でも参加できますので,クリスマスの雰囲気を味わいにぜひきてくださいね。会議室で待っています。

 

読み聞かせリスト 令和元年(2019年)11月