ホーム » 5.ボランティア » ①読み聞かせボランティア » #1907171).読み聞かせ 読み5・6年生向け「藤井いづみ先生によるおはなし会」

#1907171).読み聞かせ 読み5・6年生向け「藤井いづみ先生によるおはなし会」

  

7月17日水曜日に今年度第2回目の昼読み(5・6年生向け)を行いました。

ロング昼休みを利用し,初めて外部の先生をお招きしての昼読みでした。昔話や物語などを本を読まないで伝承する‘語り’や,本による読み聞かせや,わらべ歌や昔遊びを,長年子どもたち向けにされておられ,ご自宅でまめの木文庫を主催されていらっしゃる,藤井いづみ先生が5・6年生向けおはなし会をしてくださいました。

子どもたちが揃うまで,まずは,絵本「いっぽんばしわたる」(作:五味太郎 絵本館)でリラックスした雰囲気を作ってくださいました。色々な動物たちがどんなふうに橋を渡っていくのかを,みんなで想像しながら一緒に読み進めました。予想つかない答えに驚いたり,うなずいたりしながら,子どもたちはおはなしの世界に入っていきました。

この後,とっても綺麗なお花模様のろうそくに火が灯ったら,いよいよ,いづみ先生による‘語り’が始まります。

一つめの‘語り’のおはなしは,「なら梨とり」という日本の昔話です。病気のお母さんのために3人の息子がなら梨を山に取りに行き,化け物と戦い,勝ってなら梨をたくさん持ち帰り,おかげでお母さんが元気になるという昔話でした。一所懸命に耳をすまして聞いていました。

二つめの‘語り’のおはなしは,「ねこっ皮」というイギリスの昔話です。5・6年生年向けということもあり,長めのおはなしだったのですが,子どもたちは聞きのがすまいと集中して聞いていました。

三つめの‘語り’のおはなしは,「アリの腰が細いわけ」という昔話です。短いおはなしですが,思わずみんな最後‘クスッ’と笑ってしまいました。ほんとにアリの腰が細い理由はこのおはなしのとおりなのかなあと想像してみたり?!

おはなしが全部終わると,ろうそくの火を消します。7月生まれの人はいなかったので,17日生まれの人に代表して消していただきました。

今まで,‘語り’は聞いたことがなかった子どもたちも先生方も多かったと思いますので,初めてのとても良い経験になったのではないでしょうか?

藤井いづみ先生によるロング昼休みを利用した5・6年生向け昼読みは,10月30日水曜日にも予定しています。ぜひ,もっと多くの子どもたちに聞いていただき,‘語り’のおはなしの世界を楽しんでいただけたらと思います。

次回の昼読みは,9月17日火曜日3・4年生向けです。楽しみにしていてください。

読み聞かせリスト 令和元年(2019年)7月