ホーム » 5.ボランティア » ①読み聞かせボランティア » #1905072). 2月の読み聞かせ

#1905072). 2月の読み聞かせ

バレンタインデーを過ぎた頃から、日差しが優しく春らしい暖かさになりました。でもまだまだ冬の冷たい風が吹きつけます。

 2月7日(木)に朝の読み聞かせを、26日(火)に昼の読み聞かせを行いました。

昼の読み聞かせのテーマは『たべもの』。放送委員さんが給食時間にアナウンスをしてくださいました。給食を食べながら、今日はどんなお話があるかワクワク。

 一番乗り、二人目、三人目と、お話しの森をくぐってやってきた子どもたち。まずは「おおさかには うまいもんが いっぱい あるんやで」という手遊びで始まりました。

四人目、五人目…最終的には60名くらいの子どもたちが来てくれました。

☆ひとこと☆ 

2017年に5年1組のA 君が統計グラフコンクールのため、つくば市の給食の食べ残し量を調べ、2012年度と2016年度の給食対象者数と給食の残菜量を比較しました。

給食対象者数は5%増(21、787人→22、999人)で、給食の食べ残しは7%増(223t→312t)。

一人当たりの食べ残しが10kg/年→14kg/年、つまり子ども用お茶わん1杯150gに例えると、お茶わん63杯/年→93杯分/年を捨てているのです。

給食番長にあるように、栄養士さんがみんなの成長を考えて栄養のバランスがとれた献立を作り、調理員さんが大きなお鍋を前に汗だくで大きなお玉でまぜて一生懸命作っているのです。みなさんも好き嫌いしないで食べてくださいね。