ホーム » 5.ボランティア » ①読み聞かせボランティア » #1901131).10月の読み聞かせ

#1901131).10月の読み聞かせ

 10月にはいって、風が冷たくなり、並木公園の木々の葉も色とりどり。読書の秋がやってきました。
 10月4日(木)に朝の読み聞かせを、10月17日(火)に昼の読み聞かせを行いました。
 17日は、5・6年生限定『こわい話』、怪談、小泉八雲 Kwaidan、「耳なし芳一」を読みました。
 高学年は委員会活動があるため、年1回のお昼の読み聞かせ。この日は20名以上の子どもと、4・5・6年生の担任の先生も聞きにきてくれました。

今回、特別にポスター3種(クリックで拡大します)

読み聞かせのお知らせ1
読み聞かせのお知らせ2
読み聞かせのお知らせ3
写真1
拍子木を鳴らして給食中に宣伝
写真2
暗幕やマルチ(黒いビニールシート)を張った会議室は、いつもと違う雰囲気に…
写真3
亡霊が出るシーンは、後ろから扇風機で風を送り、背筋がゾクゾクッ、お話の前にロウソクを灯し、読み終えたら吹き消す。百物語みたい…ロウソクが消えたら、みんなで3回手をたたき、現実の世界にもどりました!

読み聞かせリスト 平成30年(2018年)10月