ホーム » 2.委員会

2.委員会」カテゴリーアーカイブ

#2002161). 第6学年委員会 保護者親睦会

最高学年である6年生も、いよいよ来月、慣れ親しんだこの並木小から卒業です。巣立ちの準備と、中学校という新しい環境へ向かう準備のため、PTA第6学年委員会では、情報交換と学びの場として、2月4日に、保護者親睦会を行いました。

親睦会は二部構成になっており、第一部では、つくば市教育局教育相談センターから指導主事の岡野晃生先生をお招きし、『思春期の心の変化について』というテーマでご講話をいただきました。お忙しいなか、はるばる並木小まで足を運んでくださった岡野先生、ほんとうにありがとうございました。

教育現場の先生方による、具体的なデータに基づく今の児童生徒の分析や考察、そこからわかる子どもたちが抱える課題、家庭でのかかわり方を、示唆し導いていただけるお話でした。岡野先生も3人のお子さんのお父様とのことで、時おり話題のなかで父親としての表情もうかがうことができ、むつかしい年ごろに差し掛かる6学年の保護者はみな納得し共感し、頷きながら先生のお言葉に耳を傾ける、あっという間の一時間でした。

講話の後で、岡野先生からは、「保護者の方へむけてこのようにお話しをする機会はあまりないので、貴重な経験で勉強になりました。また、並木小の保護者のみなさんにとてもよい雰囲気で熱心に聞いていただけて感謝します」とあたたかいお礼のお言葉をいただきました。

第二部では、保護者同士の懇親会を行いました。委員の用意したおいしいお茶とお菓子をいただきながら、中学校の話題で盛り上がりました。制服やカバンの準備、自転車通学のこと、部活のこと……特に第一子のお子さんが初めて入学する保護者の方にとっては、わからないことを尋ねたり相談することもできて、また第二子以降のお子さんの保護者にとりましても、知らなかった情報を得たり、子どもの同級生のお母さんの顔見知りが増えたりと、とても有意義な時間になりました。

ご多用のなか出席くださった、6学年保護者のみなさま、講話に足を運んでくださった他学年のみなさま、さらに、開催にあたり準備にご協力くださった、本部役員のみなさま、教職員先生方も、6学年委員一同、心からのお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

#1812261).親子視聴覚教室を開催しました

並木小学校PTA主催の親子視聴覚教室が、10月30日、児童、先生方、保護者あわせて約500人の参加のもと、並木小学校体育館で行われました。

講師に株式会社 東京義賊 代表取締役兼パフォーマー TOMIさん こと 冨永哲氏を迎え、 「あなたが楽しいと私も楽しい〜人を幸せにする仕事で自分も幸せになる〜」と題し、大道芸のパフォーマンスと、仕事にまつわる奥深いお話をして頂きました。

ダイススタッキング、シェイカーカップ、ジャグリング、ローラーバランスなど、繊細な技からダイナミックな技まで多彩なパフォーマンスに観客からはどよめきと歓声が。「大道芸にはタネも仕掛けもありません。たくさん練習してできるようになります。継続は力なりです。」と語るTOMIさん。ある児童は「すごいという言葉以外思いつかない」と感動を語りました。

TOMIさんには志した仕事「大道芸」を実現し、いろいろな苦労に直面しつつもそれを乗り越え、20年以上仕事を続けてきたご経験に基づくお話をして頂きました。


「20年前に思い切って渡米して参加した大道芸のフェスティバルで、たまたま意気投合して一緒にジャグリングをした人に、20年ぶりに今度また会えることになった。一生懸命やっていると、思いもかけないような人との素晴らしい出会いがある」
「自分は出来ると信じていた。会社を作ろうと思って、必死に勉強して1週間で会社を作った。小学校の時は、勉強が嫌いだったけど、今は大好き」
「一生懸命生きるとは、今、目の前にあることに全力で取り組むこと。例えば、ピアノを真剣に練習する。でもピアニストにならなくてもいい。一生懸命ピアノを練習したことは何かの形できっと活きてくる」などなど。


TOMIさんのお話は、これから成長し、大人になって仕事をしていく子供達の心の糧になったと思います。
TOMIさん、素晴らしい公演をありがとうございました。

#1801282)家庭教育学級「親も子も大切な一冊に出会うヒント」

1月23日 中央図書館司書の松尾みずほ先生をお招きし、「親も子も大切な一冊に出会うヒント」という題でたくさんの本をご紹介いただきました。

 
低学年のこどもたちが楽しめる面白可笑しい絵本や大人も夢中になるような科学絵本、読み物の本の導入にぴったりな本や高学年の多感な時期に是非読んでほしい本などがあり、「読んでみたい!」本が盛りだくさんでした。本を通じてこどもの興味を広げられる援助をしてあげられたら素敵ですね。

<ご紹介いただいた本リスト>※クリックすると画像を開きます。

 

本年度の家庭教育学級の最終回でもあり、閉会式も行われました。

閉会式の様子

 

充実した素敵な家庭教育学級でした。皆様、ありがとうございました。

#1712011).親子空手教室を開催しました

11月20日に第3学年親子親睦会で「親子空手教室」を開催しました。

つくば佛生館道場の方々を講師としてお迎えして 空手を通して本当の強さとは何かを学ぶ機会をもちました。

返事は「オス!」大きな声でキラキラ目を輝かせながら、裸足になっても寒さに負けずに、楽しく過ごせました。

お忙しい中、保護者の皆様にご参加いただきありがとうございました。

#1710071).第3回家庭教育学級「子どもも喜ぶ食事作り」を開催しました。

  

9月29日 土浦友の会の方々を講師にお招きし、第3回家庭教育学級「子どもも喜ぶ食事作り」を開催いたしました。

始めに、子どもに必要な栄養と食事の目安についてのお話を伺いました。印象に残ったのは、歳を重ねてから大量にカルシウムを摂取しても骨はなかなか強くならず、成人になるまでに摂取した量が生涯の貯蓄になる、というお話しです。もう一つ、成長期の女子のダイエットの危険性も印象的でした。

その後、子どもと食を楽しむコツとアイデアの話を伺い、子どもが食に興味を持つ工夫や、子どもと温かい食卓を囲む大切さを学びました。子どもと食を楽しむ工夫として紹介されたクレープの試食が楽しく 、家でもやってみたいと思いました。また、紹介されたサバカレー、チキンのコーヒー煮は、本当に美味しかったです。

お喋りしながら楽しい試食でした。家庭でも、このように楽しく食卓を囲みたいと思いました。
友の会の皆様、ありがとうございました。

PTA文化委員会2017

第2回家庭教育学級「子どもとメディアの関わり方」の講座が開催されました

7月10日(月) NPO法人「子どもとメディア」の矢野さと子先生をお迎えし、第2回家庭教育学級「子どもとメディアの関わり方」の講座が開催されました。
長時間のメディア接触が子供の心身に与える影響を具体的グラフでご提示頂き、今後成長と共に考えられる様々な問題点も伺いました。
メディアとのつきあい方を子ども自身が上手くコントロールできるようになるために、親として日頃出来ることを具体的にアドバイスいただきました。
夏休み前にとても勉強になりました。矢野先生有難うございました。

さて、次回は9月29日(金)「子どももよろこぶ食事づくり」です。土浦友の会を講師にお招きし、 食育のこと、毎日の食事作りが楽になるヒントを伺います。
試食もあります。多くの方のご参加をお待ちしています。

文化委員会

第3学年給食ランチ会をおこないました

6月26日月曜日に第3学年第1回目として『給食ランチ会』を行いました。
お忙しい中沢山の方の参加がありました。
給食センターの方から地元の食材を提供してくださっている生産者さんのお写真や献立のレシピーなど色々頂きました。ありがとうございました。

ランチ会の様子

生産者さんの写真

献立レシピ


第3学年委員会

平成29年度家庭教育学級開級式 及び 第1回講座「ボクササイズ」をおこないました

6月6日(火) 家庭教育学級の開級式と第1回講座「ボクササイズ」が行われました。

 
ひろ美.K先生の楽しい掛け声とともにジャブ アッパー キック!!久々の激しい動きに大量の汗を流しました。
途中子ども達が見学に来ましたが、普段見れないママが見れたかな?

とっても楽しい時間が過ごせてリフレッシュできました。

今年度は全4回の講座を企画しています。

次回は”7月10日(月)「子どもとメディアの上手な付き合い方 」”です。

ご参加、お待ちしております。

文化委員会

親子空手教室 をおこないました

 

 

 

 

 

 

11月21日(月)に親子空手教室を実施いたしました。

 当日の午前中は持久走記録会もあり子供たちが疲れているのではないかと心配しましたが、子供たちは元気いっぱい楽しんだ様子で空手教室を終えることができました。

 高野師範からは「本当に強い人というのは小さな子や自分よりも弱い人に優しくできる人である」ということを教えていただき子供たちは真剣な表情で聞き入り、空手の技術と心を学ぶことができました。

第3学年委員会

家庭で淹れるコーヒー講座 を開催しました

平成28年12月5日(月)、第4回講座「家庭で淹れるコーヒー講座」を開催しました。

土浦でコーヒー専門店すぷれもコーヒーを経営されている比毛康雄さんを講師にお招きし、家庭で美味しくコーヒーを淹れるコツを教えていただきました。
はじめに、先生は参加者全員分のコーヒーを淹れてくださり、芳ばしい香りが漂う中、講座が始まりました。
豆の選び方、お湯の温度、お湯の落とし方、角度、量などの微妙な加減で味に違いが出ることを知りコーヒーの奥の深さを感じました。
講義の後は、いよいよ実践です。1人ずつコーヒーを淹れ、グループ内で飲み比べをしました。皆さん真剣な面持ちで、集中して丁寧にコーヒーを淹れている姿が印象的でした。
(まさに「一杯入魂」でした!)
師走の気忙しい時期でしたが、ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。そして、これで本年度の文化委員会の講座は全て終了いたしました。講座開催にあたり協力してくださった先生方、PTA役員の皆さん、そして保育ボランティアの皆さん、本当にありがとうございました。
文化委員会